その他

Twitterのフォロワーを効率よく増やすには外部ツールの活用が必要

投稿日:

Twitterの画面は中央に大きくフォローしている人のツイートが表示されるようになっています。

ツイートを見ることをメインとしている個人ユーザーにとってはとても使いやすい構成ですが、ブログやビジネスでTwitterを活用したい場合にはちょっと不便に感じるかもしれません。

フォロワーの管理を頻繁におこないたくても、Twitterのホームからフォロー中やフォロワーを見ようとすると、プロフィール画面を経由する必要があり、慣れていないと少し探してしまいます。

そこで便利なのがブラウザベースの外部ツールとなります。

基本的なフォロワーの増やし方

フォロワーを増やすためには、ツイートを増やしつつ、ひたすらフォローしてフォロバしてもらうことを狙うのがセオリーです。

※フォローバック:フォローしてくれた相手にお返しとしてフォローすること

この場合、フォロワーが多い人はあまり反応してくれないことが多いため、フォロワーの比較的少ない人を狙いたいところです。

フォロワーを増やすための努力をしても、どういった内容のツイートをしたらフォロワーが増えたのか、どういったタイプの人をフォローしたらフォロバしてくれたのかなどの分析がきちんとできていないと効率よくフォロワーを増やそうにも何をしたらいいのか分からなくなってしまいます。

そのためには外部の分析ツールの導入を検討してみましょう。

Twitterの外部ツール

Twitter公式のTwitterアナリティクスTweetDeck、海外製のTweriodといったツールもありますが、フォロワーを分析することをメインに考えるとSocialDogというツールがよさそうでした。

これがSocialDogの画面です。

SocialDogダッシュボード

フォロワーを分析するための情報が充実しています。

その他にも複数アカウントを切り替えたり、予約した時間にツイートすることもできるようです。

SocialDogのサイトを見ると大手の企業が使っているようですが、Freeプランでも2アカウントまで登録できるので個人はこちらでも充分使えそうです。

SocialDogの導入方法

まずはSocialDogのサイトからTwitterではじめるボタンをクリックします。

アプリケーション認証

すると「Twitter / アプリケーション認証」の画面が表示されるので「連携アプリを認証」ボタンをクリック。

プラン選択

次にプラン選択になります。いきなり有料プランに申し込んで使わなかったらもったいないので、まずはFreeプランで登録しておいてもっと活用したくなったらアップグレードすればよさそうです。

キーワード

キーワードを入れる画面が出ます。画面上にも説明がありますが、一般的な言葉は入れずに個人ならサイト名などを入れるようにします。

ここに設定したキーワードを含んでいるツイートがあるとメールが送られてくるので、日常的によく使われる言葉を設定してしまうと大量のメールが飛んでくることになってしまいます。

設定完了

以上で登録完了です。

SocialDogの活用

SocialDogに登録すると、フォロワーの増減やデイリーレポートがメールで送られてくるため、素早くフォロバするなどの対応ができるようになります。

メールが多過ぎるという場合には通知設定を変更しましょう。

また、「フォロー管理」からはフォロバしていないユーザーを一覧できてその場でフォロバできたり、並び替え、絞り込みなどもできます。

有料プランに申し込めば「分析」の「フォロワーのフォロー継続率」なども使えるようになるのでより活用したい人は検討してみてください。

-その他
-,

Copyright© Workerブログ|仕事を続けるための工夫 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.