人間関係、ストレス 体調管理

普通の食事だけではトリプトファン不足になる可能性も!疲労や不安感が続く場合はトリプトファン不足が原因かも

更新日:

スーパーフード

仕事を続けているとストレスを感じることも多く、気がついたらどうにも疲れがとれなくて気が重いといった状態になることがあります。

酷い場合は不安感が強く、精神的に落ち込んでしまうような場合もあります。

それでも誰かと会話していたり、忙しくしていればあまり気にならないので疲れからくるものだと思って放置してしまい、翌朝や通勤電車の中ではより症状を感じてしまいます。

そのような症状の時にトリプトファンを摂取することで改善した例があります。

トリプトファンについて

トリプトファンとは?

トリプトファンとは必須アミノ酸の1種でセロトニンやメラトニンを合成するために必要な存在となります。

セロトニンは精神の安定や睡眠に関わる神経伝達物質で、メラトニンは睡眠と覚醒に関わるホルモンです。

トリプトファン不足による症状

トリプトファンが不足すると、セロトニンやメラトニンが合成されなくなってしまいます。

セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、不足すると感情や精神が不安定になってしまい、うつ病や自律神経失調症のような精神疾患の原因となります。

メラトニンが不足すると睡眠が浅くなってしまうなどの睡眠障害が起きる可能性があります。昼間の覚醒が不十分となり、自律神経の乱れから精神にも悪影響を及ぼします。

トリプトファンの摂り方

トリプトファンは食事から摂取するのが一般的で食品のタンパク質の多さに比例して含まれます。

乳製品や豆類、白米にも含まれますが、特に多いのがチーズや納豆、肉類やたらこなどです。

このようにトリプトファンが含まれている食品は多く存在します。

トリプトファン不足

トリプトファンが多く含まれている食品は多いので特に意識しなくても通常の食事からでも充分摂取できることが多いのですが、トリプトファンが脳内へ輸送され、取り込まれるためにはブドウ糖が必要とされています。

チーズハンバーグとご飯といった組み合わせはトリプトファンを摂取してセロトニンが分泌されやすいメニューとなります。

また、食後にデザートや砂糖入りのコーヒーなどを飲んだり、乳製品で作られたプリンなどのデザートを食べるというのも利にかなっているのかもしれません。

体質や過度のストレスによってセロトニンがうまく分泌されないこともあるので、そのような場合はトリプトファンのサプリメントを試してみるのもいいかもしれません。

その際には糖を忘れずに一緒にとるようにしてみてください。

ただし、摂り過ぎは副作用や眠気を誘発する可能性があるため、最初は少量から試してみて翌日の気分によって摂取量や飲む時間を調整するといいかもしれません。

週5日1日8時間も働くのは疲れるという人は無理せず自分のペースでできる仕事をみつけよう

-人間関係、ストレス, 体調管理
-

Copyright© Workerブログ|仕事を続けるための工夫 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.