独立、起業

「ねんきんネット」の申請方法。アクセスキーの有効期限はねんきん定期便が届いてから3カ月以内

更新日:

フリーランスは基本的に国民年金となるため、将来受け取ることができる年金額は厚生年金と比べるとどうしても少なくなってしまいます。

とは言っても最初からフリーランスになっている人は少なく、会社に入って技術を身に付けたり、エージェントに所属して現場に常駐することが多く、その間は厚生年金に加入しています。

そのような場合は就職してずっと同じ会社で働いている人より複雑な年金記録となっているので将来年金をいくら受け取ることができるかきちんと把握しておく必要があります。

たまに送られてくる「ねんきん定期便」を見ると「これまでの加入実績に応じた年金額」という項目があるのでここに記載されている金額を12で割ると、現時点で受け取ることができる年金の月額を計算することができます。

しかし、この計算で出した額にはこれから支払う納付額が含まれていないため、正確な年金額を把握することはできません。

そこで「ねんきん定期便」に記載されている「お客様のアクセスキー」を使って「ねんきんネット」にアクセスしてみましょう。

「ねんきんネット」を使うと年金記録が見れるだけでなく、年金見込額を試算したり、各種書類を作成することができます。

「ねんきんネット」の申請方法

まずはねんきんネット(申請用トップページ)にアクセスします。
スマートフォン版はこちら

「ねんきん定期便」に記載されている3カ月以内の「お客様のアクセスキー」がない場合、「ご利用登録(アクセスキーをお持ちでない方)」を押して「ユーザID発行申込み」をしなければなりません。

この場合フォーム送信後から5営業日程度で郵送されてくる「ユーザIDのお知らせ」が必要になるのでご注意ください。

有効な「お客様のアクセスキー」がないと、その場では申し込みが完了せずに手間がかかってしまうので「ねんきん定期便」到着後3カ月以内に手続きすることをおすすめします。

申請用トップページからのフォーム入力と送信

手元に「ねんきん定期便」と年金手帳または年金の納付書を用意したら、「ご利用登録(アクセスキーをお持ちの方)」を選びます。

ねんきんネット(申請用トップページ)

次に「利用規約について」が表示されるので内容確認後、「同意する」を押してください。

利用規約について

同意するとメインの入力画面とも言えるやたら項目数の多い画面となります。下記10項目の入力が必要です。
01.アクセスキー(17桁):「ねんきん定期便」を開くと裏面の一番右ページに「お客様のアクセスキー」が記載されています
02.基礎年金番号:「ねんきん定期便」には記載がないので、年金手帳や年金の納付書を確認してください
03.氏名(カナ、漢字):仮名はカタカナなのでF7キーで変換すると早いです
04.生年月日:さすがお役所だけあって和暦となっています
05.性別
06.パスワード(8~20桁):再入力はコピペ可
07.秘密の質問と答え
08.メールアドレス:こちらも再入力はコピペできるのでメーラーなどから貼り付けると確実です
09.お知らせメール送付希望:希望しなくても重要なお知らせについては配信されるそうです
10.電話番号

特に難しいところはありませんが、基礎年金番号を部分的に入力する箇所があるので注意してください。
一通り入力が終わったら「申込み内容を確認」を押します。

ユーザID発行申込み

入力した内容を確認して送信すると完了画面が表示され、先ほどの画面で入力したメールアドレスにメールが届きます。

ユーザID発行申込み(完了)

ユーザIDの確認

メールを確認すると日本年金機構から「【ねんきんネット】ユーザID確認用URLのお知らせ」というメールが届いていますので24時間以内にメール内に記載されたリンク先のページを開きます。

すると、パスワードを入力する画面が表示されるので先ほど設定したパスワードを入力して「ユーザID確認」というボタンを押します。

ユーザID確認(パスワード入力)

ユーザIDが表示されるので忘れないようメモなどをとって必ず保管しておいてください。

ユーザIDはメールで送られてこないため、この画面でしか確認することができません。また、メールアドレスや基礎年金番号とも関係のないランダムな英数字となっています。

ユーザIDを保存したらログインを押して先に進みます。

ユーザID確認

初回ログイン

このログイン画面からは今後「ねんきんネット」を使う時と同じ画面になります。

先ほど「ユーザID確認」画面で保管しておいた「ユーザID」とフォーム入力時に自分で決めた「パスワード」を入力して「ログイン」を押してください。

ログイン

初回やしばらくログインしていない場合は「秘密の質問と答え(本人認証)」が必要となります。

フォーム入力時に設定した「秘密の質問」を選んで「秘密の答え」を入力し、「確認」を押してください。

秘密の質問と答え(本人認証)

これでようやく「ねんきんネット」にログインすることができました。

下記3項目の確認画面が表示されます。「ねんきんネット」を使い始めるとデフォルトで「ねんきん定期便」の郵送希望が「希望しない」になっているので今まで通りハガキでも確認したい場合は「希望する」に変更しておきましょう。
・メールアドレスの登録/変更
・日本年金機構からのお知らせメールの配信希望
・「ねんきん定期便」(日本年金機構発行分のみ)の郵送希望」

この画面はログイン時に毎回表示されます。

メールアドレスの登録・変更/ねんきん定期便の郵送意向登録(入力)

ここまででやっと「ねんきんネット」を使い始めることができます。

まとめ

「ユーザID」がメールアドレスではなく、発行されたものとなっているため、手続きが少し複雑になっているように感じました。

また、「ユーザID」はランダムな英数字となっているので失念してしまう可能性が高いかもしれません。

国民年金の支払い状況が気になるのはパソコンやスマートフォンに詳しくない年配の方が多いのではないでしょうか。

そういった人たちにも活用してもらえるよう分かりやすさを重視してほしかったと思います。

「ねんきんネット」の「年金記録の一覧表示」の使い方。ねんきん定期便だけでは気が付かない詳細な内容が確認できる

-独立、起業
-,

Copyright© Workerブログ|仕事を続けるための工夫 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.