独立、起業

受託のフリーランスは質のいいお客さんや担当者を確保することが大切

更新日:

打ち合わせ

自分達で会社を起こしたりフリーランスになった後も苦労するのはいかに仕事を確保するか、だと思います。

質のいい仕事を出してくれる会社や担当者を見つけられないと会社員時代より苦労することにもなりかねませんね。

知名度があれば仕事を選ぶこともできますが、そうは簡単にいかないのが現実だったりします。

幸いにも今はネットを使ってクラウドソーシングなどで案件を探すことできる時代。

下記のような身勝手なお客さんとはさっさとおさらばして新しい案件を探しましょう。これからは制作側がお客さんを選ぶようになってもおかしくない、はず。

やたら短納期

納期が少ないと最終的に末端の制作現場にしわ寄せが来ます。もともと短納期の案件だったら仕方のないところですが、担当者が寝かせていて気付いたら時間がなくて慌てて手配した、というケースが少なくありません。

納期が少ないためどこからも断られ、結果的に回って来たという案件になります。

こちらも少しでも売り上げがほしいところですし、手が空いてしまうよりはいいと思い、つい前向きに相談にのってしまうところですが、実際はかなりリスクの大きな仕事です。

他社で断られている時点で徹夜でもしない限り終わらないような厳しい状況ですし、いい加減な担当者の持ってきた仕事なので追加で要件が出てきたりします。

当然、修正なんか入ったら間に合いません。

今回助けてあげることで次回に繋がるかと言えばそんな補償もなく、次回もまた短納期で困った時しか相談に来ない可能性もあります。

このような案件は話を聞いてみて少しでも厳しいと思ったら断るのが得策です。

低予算で利益が出ない

予算が厳しくて会社に依頼できないような案件の相談が個人に来ることが多いです。

「今回だけですよ」という条件でも一度受けてしまうと今後も足元を見られてしまう可能性があります。

また、代理店などは規定があってかなりの金額を抜いているはずなのでそのような案件に無理に付き合ってあげる必要はありません。

「やたら短納期」と同様、次回に繋がるからという甘い言葉を投げかけてくるかもしれませんが、一筆書いて貰えるようなことが無い限り簡単に信用してはいけません。

短納期で低予算

上記2つを足した劣悪な条件の案件です。下請け会社や個人に回ってくるのはこのような難ありの案件が多いのが現実です。

社内の制作に断られたような案件を外注に出すことが多いため、条件のいいものはまず回ってきません。

せめて短納期でも金額のいいものか、低予算でも納期に余裕のあるものを受けるようにしたいところ。短納期で低予算の案件は余程他のメリットが無い限り断るのが無難です。

迷走している案件

内容が二転三転したり、なかなか動き出さないといった案件は結構存在します。

実際に作ってからやたら修正が入り、制作側としては「原稿の時点で分かっていたはずなのに今さら修正入れんじゃねえよ!」という気持ちになるような案件もあります。きちんと修正費用を貰えないこともあるのでいい迷惑です。

原因としてはクライアントの担当者がコロコロ意見を変えたり、間に入っている会社の担当者がしっかりまとめられないといったことが挙げられます。

このような案件もリスクが高く振り回されることが多いのであまり関わりたくありません。

まとめ

仕事の流れとしては

クライアント→代理店→制作会社→個人(在宅)

というものが多いので間に入っている会社の担当者がいい加減だと結果的にろくな仕事になりません。

世の中には能力が無いくせに「俺ってすげえぜ!」と勘違いしたり、会社の知名度があるからちやほやされているのに自分の実力と思い込んでいる残念な人が存在していて、特に代理店にこういった勘違い野郎が多い印象です。

自慢話が大好きで周りの人がどれだけ引いていてもおかまいなし、奥さんにも愛想をつかされていていて熟年離婚してしまうのもこのタイプですね。

このような質の悪い人間の持ってきた仕事は極力さけて、質のいい仕事ができるような嗅覚を身に付けることもフリーランスとしては大切です。

-独立、起業
-

Copyright© Workerブログ|仕事を続けるための工夫 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.