体調管理

睡眠時無呼吸症候群のCPAP療法をはじめるまでの流れと実際に使った時に感じる問題点

投稿日:

CPAP

睡眠時無呼吸症候群の治療法として効果が期待できるCPAP療法。

睡眠時に鼻マスクを装着し、空気を圧送することで気道が閉塞しないようにします。

この療法は本人が望んでも簡易検査、精密検査をおこなったうえで睡眠時無呼吸症候群と診断されなければはじめることができません。

検査の結果、マウスピースなどの他の治療法が最適とされてしまうとCPAP療法をおこなうことができない場合もあります。

CPAP療法をはじめるまでの流れ

CPAP療法をはじめるまでの流れとしてはだいたい以下のようになります。

病院に行って簡易検査を申し込む
宅配または持ち帰った機器を使って自宅で一晩検査
検査結果が出るのを待って病院に行く
睡眠時無呼吸症候群の可能性が高いと診断されれば精密検査へ
精密検査の予約を取る※混み具合によって1カ月後かそれ以上になる可能性も
病院に一泊して精密検査
検査結果が出るのを待って病院に行く
睡眠時無呼吸症候群でCPAP療法が適していると診断
CPAP療法開始

このように病院からのレンタルが基本となるCPAP療法ははじめるまでの道のりが長く、一晩だけ試してみるということができません。

CPAP療法の問題点

長い道のりを経てCPAP療法をはじめることができたとしても下記のような理由により人によっては使い続けるのが難しい場合もあります。

CPAPが使えない人

CPAPは鼻にマスクを装着して寝るという方式のため、下記のような人は改善しないとそもそも使用できません。

・うつ伏せで寝る
鼻マスクを装着するには鼻の周りに空間を確保しなければなりません。顔の部分に穴の空いた枕を使うという方法も考えられますが、それなりの高さが必要になるので難しいと思われます。

・寝る時に口呼吸をする
鼻に空気を送り込んで口を開けると口から空気が漏れてしまいます。そうなると空気を送り込んで気道を確保することができないので口を閉じておかなければなりません。口に貼るテープなども市販されているのでそういったものを活用する方法もあります。

・日常的に鼻詰まりをおこしてしまう
アレルギー性鼻炎や花粉症などによって鼻詰まりをおこしていると鼻から空気を送り込むことができません。鼻の通りが悪いと不快感にもつながるので寝る前に点鼻薬を使うなどの対策をおこないます。

マスク装着時の違和感

鼻につけるマスクは接触する部分がシリコンになっていて密着しつつ長時間装着しても耐えられるよう考慮されています。

ところが最初はプラスチックのような臭いが気になります。

また、鼻にマスクを固定するために顔から頭にかけて巻いたバンドも調整が難しく、あまりきついと睡眠の邪魔になるし、緩過ぎてもマスクに隙間が空いてしまいます。

座っているのと横になった状態では締め具合も変わってくるので、きつく感じるギリギリのところに調整してください。

それでも最初は違和感がすごく、皮膚が弱い人は痒くなってしまうという問題もあります。特に夏場は汗をかいてしまうと痒みが増してしまうのでエアコンの設定温度に気を使いましょう。

呼吸音

鼻に装着したマスク内に空気が圧送されているため、鼻から空気を吸う度に通常より大きな呼吸音がします。

試しに口を空けてみると空気がだだ漏れになるのでかなり圧送されていることが確認できます。

この音が耳についてしまい、なかなか眠れないといった状態に陥ります。

その場合は圧力を下げるボタンを押すことで軽減できるので最初のうちは夜中に目が覚める度にこのボタンを押すと少しは眠れるようになるかもしれません。

どうしても気になる人は耳栓を併用してみてください。

マスクを装着している人にとっては大きく聞こえる呼吸音ですが、隣で寝ている人にとってはそこまでうるさくはないようです。

エアコンの音などと相殺されて思ったより目立たないということもあるので一緒に寝る人と相談してみましょう。

寝返りについて

本体から鼻のマスクまでホースが繋がっているので無理に曲げないような体勢で寝る必要があります。

先に書いたようにうつ伏せは不可。横向きになる場合は締め付けが緩いと空気が漏れてしまうため、マスクの調整は慎重におこなってください。

何も装着していない時のようにはいきませんが、寝返り自体はホースの取り回しを意識すれば問題ありません。

旅行や出張

旅行や出張など大事な日こそ、睡眠時無呼吸症候群が発生しないようCPAPを使いたいところです。

ところが病院から預かった時に入っていたカバンに入れると結構な大きさと重さになります。

最新型は小型化されている機種もあるようなので外泊が多い人は病院に相談してみてください。

旅行はなるべく車で出かけられるところにするか、病院から預かった時のカバンは使わずになるべくコンパクトに収納するなどの対策をしましょう。

どうしてもCPAPを持って行けない場合はホテルや旅館の枕をそのまま使わない方がいいかもしれません。

睡眠時無呼吸症候群をおこしてしまう人は枕が高過ぎることが多く、自分が思っているより低い枕にすると軽減できることもあります。

まとめ

CPAPの使用を開始すると、毎月病院に通い、機器のレンタルも含めて月5000円前後の費用がかかります。

毎月病院に行くことで保険の適用範囲となり、その際にSDカードを外して持って行くのでデータを見て圧力の調整などをしてもらいます。

月5000円と言っても年間にすると6万円もの金額となります。医療費控除10万円にはだいぶ貢献することになりますが、普通に考えると負担にしかなりません。

CPAPは対処療法でしかありませんので睡眠時無呼吸症候群を根本的に治さない限り永遠に使い続けることになってしまいます。

太っている人であれば痩せるなどの方法が考えられますし、実際に病院でもそのような指導をするところが多いのですが、痩せてる人には決定的な改善策がないのが現状です。

CPAPで対処療法をおこないながら、下記のような方法を試して根治を目指してください。

・いびきは肝臓からと言われているので肝臓にいいサプリや漢方を試す
・いびきのレーザー治療
・枕を低くして自分に合った高さをみつける

-体調管理
-,

Copyright© Workerブログ|仕事を続けるための工夫 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.