会社、仕事について 独立、起業

とりあえず稼ぐためだけに何も考えずに働いていると後悔することに。スキルを身に付けて会社ではなく仕事内容に就職しよう!

更新日:

仕事

一生同じ会社で働き続けるのが難しい時代になっています。終身雇用制が崩壊したと言われる現代において40年同じ会社に居られる保証はありません。途中で何があるか分からないし、仕事が嫌になってしまう可能性もあります。

一度も転職したことがない人はいざと言う時に対応することが難しく、まだ若いうちなら何とかなっても年を重ねてからだとより厳しくなります。

とりあえず収入を得ようとして深く考えずに仕事に就くと後になってから困る可能性があります。そのままズルズルと時間が経ってしまい、年を取ってから転職を余儀なくされるといった状況に追い込まれかねません。

運よく転職できたとしても、収入を維持するのは困難です。

そこで企業からの求められる人材になることが大事です。そうすることでより条件にいい会社に転職したり、フリーランスになることも可能です。

一番分かりやすいのは資格を取ることです。難易度が高ければ高いほど資格ほど持っている人が少ないため、仕事に困ることはありません。

最初から分かっている人は学生時代から資格を取るために進路を決めて勉強しています。とは言っても親の助言などがなければなかなかできることではなく、ほとんどの人は社会人になってから気付くことが多いのです。

では、社会人になってからでは手遅れなのでしょうか?

難易度が高い資格を取るという意味では出遅れてしまいますが、企業から必要とされる人材になるという意味では充分間に合います。

普通に働いていると、

・一般事務+会社独自の業務内容
・営業+会社独自の業務内容

のようになってしまい、長年が働くことで「会社独自の業務内容」を熟知し、社内では重宝される存在となります。ところが、転職すると「会社独自の業務内容」部分が他社では生かされないため、まったく評価されずになかなか転職できないという結果になってしまいます。

そこで「会社独自の業務内容」部分への依存度が少ない技術職を選ぶ方法があります。例えばデザイナー、プログラマー、システムエンジニアといった職業は各社共通の仕様が多く、需要も増えているため、他社からも評価されやすいのです。

もちろん「会社独自の業務内容」への適応力が高く、応用できるような優れた能力を持っている人もいますが、せっかく一生懸命仕事をしていても他社には伝わりにくく、あまり評価に繋がらないといった問題があります。

また、勉強が苦手な人は手先の器用が求められる職人を目指すなど、一度身に付けてしまえば仕事に困らない職種を探しましょう。

会社では日々同じことの繰り返しでスキルを身に付けることが難しいという状況の人はプライベートで自分の好きなこと、興味のあることを徹底的に伸ばしたり、勉強することで仕事に結びつけるような努力をしておくことでいざという時に備えることができます。

会社に就職するのでは無く、仕事内容に就職すれば、どこの会社に行こうがフリーランスになろうが関係ありません。

-会社、仕事について, 独立、起業
-

Copyright© Workerブログ|仕事を続けるための工夫 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.